建築 · 06日 10月 2021
まちと建築と人の間の家具(プロダクト)
ショップ什器のデザインを行い、先日納品いたしました。 ショップの建築ファサードに小口平タイルが貼られており、それに呼応する関係で什器デザインができる良いと考えました。 まちや建物との連続性やタイル寸法のパターンを何度もスタディしました。 主張しすぎず、大人しすぎずなデザインができたのではないかと思います。 まちやショップに馴染んでいっていただけたら嬉しいです。
建築 · 19日 9月 2021
検討をみんなで
骨と皮とプロポーションの家 house bsp 自邸計画。 子どもにも何度もプロセスを見せて、どうあったらよいかを尋ねています。4歳、2歳なんですがね。 家づくりそのものもですが、子ども部屋なんかは親目線と都合で広さと仕様が決められていくことがほとんどです。 自邸は2人の子どもにも考えさせる様にしています。なので、とりあえず壁も建具も無い単なる場(空間)を与える予定です。 自分で考えて設えをして下さいということです。 何かに刷り込まれた大人の案なんかではない生きた案を話してくれます。 なんでも周りにあり、与えてもらえる環境が整う世の中です。 思考停止とならぬよう、生きた空間によって生きる力を養ってもらう一つの段階かと思っています。と言いながら、自分の思考停止さ加減を反省しながら日々過ごしています。。
04日 9月 2021
家具デザイン
山本木工所様と進めています、とあるショップの家具プロジェクト。 納まりなど打ち合わせへ。 ショップ建物のファサードが小口平タイルを使用しており、街に対して風景をつくっています。 その何気ない風景に接続できるような家具ができたらと思いました。 ショーウィンドウに設置予定であるこの家具は、小口平タイルのプロポーションを増減させてファサードと連続するようなデザインとしました。 主張するようでしないような、街とショップの境界を意識しながら検討を重ねました。 何気なさをとても考えた気がします。 多治見市内のどこかに出現しますのでぜひ探してみて下さい!(ヒント:駅近くです。)
建築 · 02日 9月 2021
地盤調査
骨と皮とプロポーションの家 (house bop)の敷地です。 雨の中でしたが、地盤調査を行いました。 地耐力がどれだけあるかで、杭や地盤改良等が必要になることがあります。 さて、どんな結果考察が得られるか。
建築 · 20日 8月 2021
GD賞の展示・審査へ
設計監理をしましたショールーム木らり(コンバージョンプロジェクト)がGD賞二次審査へ。 パネル等の設置へ国際展示場へ行きました。 とてもコンパクトなショールームですが、様々な様相を感じていただけるようシンプルな構成を心がけました。 どんな批評が頂けるか楽しみです。
建築 · 03日 7月 2021
オフィス家具プロジェクト
山本木工所様とあるオフィスの家具プロジェクトを進めています。 桧ばかりでデスク、ドロワー、衝立パネルを製作します。 きっとオフィスはヒノキの香りに包まれるでしょう。 森の中で仕事をすることをコンセプトに掲げデザインしました。 業務もきっと捗るはず!
建築 · 25日 6月 2021
設計の最初
新規の住宅の設計を進めています。 ある段階からBIMで描いたりUa値等性能やパッシブ設計をシュミレーションしたりするのですが、いきなりBIMで図面を描き出したり、シュミレーションにかけたりはしません。 敷地図の上にトレペを重ね、何度もプランを練り、脇に簡単なスケッチを描いたりすると同時にラフ模型を作ります。プロポーションの検討や、周辺環境との関係性を見るためです。模型とスケッチを行きつ戻りつしながらアイデアを定めていきます。アナログで身体性を伴う作業です。建築は使う人や周辺環境に馴染んでいく身体性を考慮したものである必要があると思います。 そのためには手書きのスケッチで 検討したり、模型を作っては壊しを繰り返し、身体性を少しづつ獲得していきます。実はとても地道です。 住宅は住まい手だけが良いと思う空間も大切ですが、少し外に目を向けて建築をつくるとその場所らしさや建築自体が場所に根付くような気がします。文化や歴史、何気ない素朴な風景などですね。 また、少し緑もまちに提供できるといいですね。 その場所らしさが住まう人の営みにつながる、居心地の良い場を設計したいと思います。
建築 · 03日 6月 2021
住宅設計・性能・環境
house bps(骨と皮とプロポーションの家) かなりのローコストを狙った木造3階建住宅の計画です。ローコストとは言ってもしっかりとした性能は満たすことを目指しています。 デザイン面ではしっかりと美しいプロポーションにて、窓割や立面のボリュームを検討しています。 同時に画像のようの環境シュミレーションを行い、仕様の違いによるUA値、ηAC値、日射熱、日影、通風等を様々に試しています。 コストを鑑みながらデザインと性能のバランスを整える作業です。 どちらかに偏重していくことも一つの表現ですが、建築は長くある場所に存在するものです。文化的にも風土的にも根付きながら利用する人を支える存在、周囲にも配慮された建築でありたいと思います。
建築 · 26日 5月 2021
新聞に掲載されました3
中部経済新聞に掲載されました。(5/26) yahoo二ユースにも掲載されました。(yahoo 中部経済新聞で検索) 山本木工所ショールーム木らりで第5回中部商空間賞金賞の記事、共に取り組んでいる手に届きやすい価格でデザインやオーダーができる家具の記事などが書かれています。 設計事務所デザインや木工所でオーダーすることへの敷居をどんどん下げていき、長く愛着を持っていただける家具を提供していきたいと思っています。 飽きのこないデザイン、オーダー寸法対応、メンテナンスもしやすく、長持ちするので、結果としてコストパフォーマンスに優れたものになるのではないかと思います。 この場所にこんな家具があったらなという方はぜひお問い合わせください。 ご相談承っております。
建築 · 18日 5月 2021
新聞に掲載されました2
東濃新報(5/14)に有限会社山本木工所ショールーム木らりで第5回中部商空間賞金賞受賞報告の様子が掲載されました。 先日の岐阜新聞様の写真より笑顔度がなぜかマシマシです。 喜んでいただけるような建築をこれからも精進してつくっていきたいと思います。

さらに表示する