建築

建築 · 28日 1月 2020
木工所ショールームリノベ現場です。 このリノベの肝となる部分のモックアップをつくっていただきました。 必要ではないところまで無垢の木板が積み上げられる計画のため、物の凄みを感じる空間となりそうです。 軽やかなんですが、奥行き感を感じる空間と言えばいいんでしょうか。自分でも少しづつ解釈を深めていきたい現場です。
建築 · 14日 12月 2019
木工所ショールームリノベの現場が先日から一気にはじまりました。 内部解体が完了し、土間左官工事へ。 朝一コンクリート打設で22時に抑えとこすり仕上げで完了。 左官職人の方と細かく確認しあいながら目指す方向へ。 ただ、左官仕上げはその場所の環境や季節に左右される素材です。そのコントロールができないところがとても魅力的です。人間の理性だけでできた空間はおもしろくありませんから。その場所と共にある根付く建築を生み出していきたいですね。
建築 · 07日 12月 2019
多治見市広報誌「たじみすと」12月号に掲載されました。 建築家を目指したこと、東海賞受賞のこと、設計の際に気をつけていること、これからのことが簡潔にまとめてあります。 ぜひご高覧下さい。
建築 · 28日 11月 2019
24日日曜日に行いました中庭のある住宅、犬山の家のオープンハウス。 たくさんの方にご覧いただきました。様々なご意見ご感想いただき誠にありがとうございました。 よい建築を今後も設計監理できるよう精進致します。 お施主様に感謝!
建築 · 15日 11月 2019
お施主様のご厚意により、犬山市で進めてまいりました住宅のオープンハウスを行います。 コンパクトな中庭形式の住宅です。 日時:11月24日(日) 時間:10:00〜17:00 1.お名前(ふりがな): 2.所属(一般・建築関係者・学生): 3.連絡先(当日連絡可能なもの): 4.参加人数: 5:見学希望時間(10時から30分毎に17時まで。見学者の人数の兼ね合いで時間を変更させていただく場合がございます。): 詳細はHPのコンタクトからお問い合わせください。
建築 · 21日 10月 2019
中庭の平屋住宅現場です。 中庭部分の壁の左官が仕上がりました。 ざらりとしたテクスチャーにすることで光や影の具合、1日の天候によって様々な表情を見せてくれます。 何よりこの土地付近には弥生土器が出土していた歴史があり、デザイン当初からざらりとした土の壁を作りたいと考えていました。出来上がりも素晴らしいものになりました。左官のような水を扱う仕事をもっと建築に入れていくことで良い意味での「湿度」を感じさせる建築が、風景が生まれてくるともっと良い景色になるのになと思いました。
建築 · 27日 9月 2019
久々の更新です。 中庭のある平屋住宅です。15mほど先に玄関ポーチが伺えます。ポーチ内は現状木ずり板が見えています。これから左官工事が始まりポーチ内、中庭部の壁が塗られます。ポーチ側は軒を低くし、落ち着いた雰囲気をつくり出しています。内部に入ると中庭を巡りながら徐々に天井高さが高くなり、リビングに至ると開放的な空間が待っています。 空間にメリハリをつくる事で奥行き感のある雰囲気になってきました。
建築 · 29日 8月 2019
中庭のある平屋の家の屋根です。 ガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きが完了しました。 穴が空いてる部分が中庭です。 ここから室内からでも日々の空や風、雨などを楽しむことができます。空間に深みが生まれることを期待して引き続き監理をしっかり行っていきます。
建築 · 13日 8月 2019
今日は3ヶ月ほど前にお話を頂いたショールームリノベのプレゼンでした。 スタディ模型の変遷と共に本命案のプレゼン。何度やっても緊張します。お施主様も提案に対して喜んで頂けたようで、ほぼこのままの設計デザインで行くこととなりそうです。時間に限りがあるのですが、慎重に丁寧に考えて行きたいと思います。
建築 · 11日 8月 2019
中庭のある平屋住宅の金物検査や打ち合わせ等もろもろを行ってきました。しっかりと全てにおいて金物が施工されているのを確認できました。 壁に合板を貼ったおかげで空間がはっきりし、この場所ならではの光と影の移ろいが感じられます。午後は教えている学校の学生たちに現場を案内しました。軸組状態で何がどの様に取り付いているか、構成されているかを見学しながら説明。理解が深まるといいなと。 相変わらず暑い現場で大工さんたちが頑張ってくれています。いつもありがとうございます!

さらに表示する